男性の不妊治療、どうしたらいいの?効果的な運動や食生活、冷えや葉酸について

詳しく調査!妊活男性とダイエット!肥満が妊活に与える影響は?

詳しく調査!妊活男性とダイエット!肥満が妊活に与える影響は?

 

 

肥満は、あらゆる病気の原因となりますよね。
また、女性の肥満は不妊の原因になるようですね。
また、女性の場合、肥満は、合併症や出産のリスクが高まるようです。
つまり、女性の妊活にとって、肥満はあまり良くない影響を与えるということです。
では、男性の肥満はどうなのでしょうか?
肥満が、精子の質や男性的な活力に悪影響を及ぼすのならば、妊活中の男性は、すぐにでもダイエットを始めなければなりませんね。

 

 

 

 

(1) 男性が、肥満になると、精子の質が劣化する?

 

結論から言うと、肥満は精子の質に悪影響を与えます。
ある研究結果で、BMI値が高いほど、精子の量や質が低下するというものがあります。
BMIとは、体重と身長の関係から計算して肥満度を表す体格指数ですね。
BMIの最適数値は、22前後です
BMI=体重÷(身長×身長)
そして、肥満の定義は、BMI25以上と言われています。
なぜ、肥満だと、精子の質が劣化するのかと言うと、理由は、いくつかありますが、男性ホルモンの減少、精巣周囲に脂肪がつくことでの精巣の加熱、そもそも肥満になるようなライフスタイルは、睡眠不足や、運動不足が原因ですので、精子が劣化するなどのがあります。
まあ、どちらにしろ、肥満は男性の妊活にとって良くない影響を与えることは間違いなさそうですので、肥満の男性が妊活をしようと思ったら、まずは、ダイエットをすることをお勧めします。
まあ、上記の基準で、男性の妊活を行っているBMI25以上の人は、まずはダイエットをすることから始めた方が良さそうですね。

 

 

 

 

(2) 男性が、肥満になると、男性ホルモンが低下する?

 

肥満になると、テストステロンと言う男性ホルモンが減少すると言われています。
テストステロンは、別名、モテホルモンとも言われている男性ホルモンで、男性ホルモンの大部分を占めます。
そして、テストステロンが減少すると性欲の低下の原因となり、EDの原因にもなりえます。
まあ、簡単に言うと、肥満になるとテストステロンが減少し、その結果として、男性的な活力が低下するということですね。
また、テストステロンが減少すると、オスとしての性的な魅力がなくなると言われています。
妊活中なのにオスとしての魅力がなければ、良い妊活なんて出来るはずがありません。
妊活は、パートナーがいてこその活動ですので、テストステロンを減少させないような対策をする必要がありそうですね。

 

(3) 肥満が男性の妊活に良くないなら、ダイエットを

 

上記のように男性の妊活にとって肥満が悪影響を与えるのは間違いなさそうですね。
妊活とは、妊娠率を高めるために少しでも良さそうなものは、積極的に取り入れて、妊娠率を少しでも下げるリスクのあるものは、排除すべきです。
となると、男性の妊活をしている肥満度の高い人がやらなければならないことは、ダイエットですね。
ダイエットで大事なのは、食生活の改善です。
そして、適度な運動。
リバウンドをせず、痩せやすい体を作ることで健康的にもなりますし、妊活にも効果があるのなら、絶対にやった方が良いですよね。

 

 

 

 

(4) 肥満を克服し、夫婦円満 念願の子宝へ

 

肥満男性が妊活の一種として、ダイエットをすることで、不妊を解消できる可能性は高まります。
精子の質の劣化の原因が肥満であることである場合があるからです。
食生活の改善、適度な運動をすることで、健康的な体を作ることにも役に立ちますから、一石二鳥ですね。
また、ダイエットをし、適度な運動をすることで男性ホルモンの分泌が多くなることで、夫婦円満に近づくかもしれません。
ダイエットをすることで、健康的な体と子宝を作ることができるかもしれませんね。

 

子宝に恵まれたい妊活男性にオススメのサプリメント選びの参考に、下記の記事を見てください。

 

 

効果あり?男性の妊活にも葉酸は必要!青汁で効率的な葉酸摂取